ASSO Cyber Shop

  • ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)
  • ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)
  • ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)
  • ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)
  • ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)
  • ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)
  • ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)
  • ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)
ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)

ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)

  • ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)
  • ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)
  • ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)
FFコンパクトカーに多く見受けられるトーションビーム形状を持つリヤサスペンション。ショートホイールベースのFFコンパクトカーにおいて、コーナーリング中のリヤサスペンションの挙動に、不安を感じられた方も多いかと思います。
車高調やダウンスプリングで車高を落とすとトー角はオリジナルの数値より更にインについてしまい、その挙動は荒れた路面やワインディングでは思い描くラインのトレースがしづらくなりがちです。
これまでは車高と極僅かなパーツでしか対応の選択肢が無く、ドライバーの思い描く走りのイメージに近づける事は難しかったかもしれません。

アッソ・インターナショナルでは、より理想に近いコーナリングを可能にするため、日本全国の様々な場所を実際にデモカーで走行し、導き出した答えは、「キャンバー角+1.8度」(参照/ASSO:ino la designローダウンスプリング装着車)。理想的な「キャンバー角」を実現し、より理想の走行ラインをトレースする事が可能となります。

従来の加工技術ではキャンバーシムを具現化する事は困難とされていましたが、「特殊3D 切削技術」を駆使し、セッティングの幅を広げるためにキャンバー角を変更する「キャンバーシム」とキャンバー角と同時にトー角の変更も可能にした「キャンバーシムType-HP」を新たに完成いたしました。

取り付けはトーションビーム形状のハブ部分に挟み込むだけで、走りのイメージを大幅に改善する事が可能です。
サスペンションがオリジナル状態の車をキビキビ走らせたい方には「キャンバーシム」を。
ワインディングやコーナーをよりリニアに走らせたい方には、トーアウト幅が大きい「キャンバーシムType-HP」をお勧め致します。


適合 Fiat Panda(169)
※ 限定車 Panda 169 100HP車には適合いたしませんのでご注意ください。


 

ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)

販売価格:36,300

数量:

分割払が可能な、株式会社ジャックスのショッピングクレジットをご利用いただけます。
クレジット分割手数料・お支払シミュレーションは左のバナーをクリックし、株式会社ジャックスのページにてご確認ください。

ino la design キャンバーシム TYPE-HP Fiat Panda(169)

FFコンパクトカーに多く見受けられるトーションビーム形状を持つリヤサスペンション。ショートホイールベースのFFコンパクトカーにおいて、コーナーリング中のリヤサスペンションの挙動に、不安を感じられた方も多いかと思います。
車高調やダウンスプリングで車高を落とすとトー角はオリジナルの数値より更にインについてしまい、その挙動は荒れた路面やワインディングでは思い描くラインのトレースがしづらくなりがちです。
これまでは車高と極僅かなパーツでしか対応の選択肢が無く、ドライバーの思い描く走りのイメージに近づける事は難しかったかもしれません。

アッソ・インターナショナルでは、より理想に近いコーナリングを可能にするため、日本全国の様々な場所を実際にデモカーで走行し、導き出した答えは、「キャンバー角+1.8度」(参照/ASSO:ino la designローダウンスプリング装着車)。理想的な「キャンバー角」を実現し、より理想の走行ラインをトレースする事が可能となります。

従来の加工技術ではキャンバーシムを具現化する事は困難とされていましたが、「特殊3D 切削技術」を駆使し、セッティングの幅を広げるためにキャンバー角を変更する「キャンバーシム」とキャンバー角と同時にトー角の変更も可能にした「キャンバーシムType-HP」を新たに完成いたしました。

取り付けはトーションビーム形状のハブ部分に挟み込むだけで、走りのイメージを大幅に改善する事が可能です。
サスペンションがオリジナル状態の車をキビキビ走らせたい方には「キャンバーシム」を。
ワインディングやコーナーをよりリニアに走らせたい方には、トーアウト幅が大きい「キャンバーシムType-HP」をお勧め致します。


適合 Fiat Panda(169)
※ 限定車 Panda 169 100HP車には適合いたしませんのでご注意ください。


 

RECENT CHECK ITEMS