ASSO Cyber Shop

  • ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】
  • ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】
  • ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】
  • ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】
  • ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】
  • ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】
  • ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】
  • ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】
ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】

ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】

  • ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】
  • ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】
  • ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

申し訳ございません、本製品はただいま「ご予約」として承っております。
次回入荷に2~3カ月かかる場合がございます。
何卒ご了承くださいませ。

(2020年9月23日現在)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


FFコンパクトカーのセオリーともいうべき、リアのトーションビーム形状。
今までのチューニングは、車高調やダウンスプリングで車高を落とすくらい。
これでは、どの車でも必要とされるセッティングの「幅」が少なく、サーキット走行等でリアキャンバー不足から生じる巻き込みやスライド動作は、コンパクトカーのコーナリングを困難にしてきました。

コンパクトカー(トーションビーム)=コーナリングが苦手。
また、車高を落とせばトーはイン方向へと向いていき、「攻め」に転じることは難しかったのが現状です。
コーナリングで必要とされる「キャンバー」は全ての車で重要視されることですが、コンパクトカーではより大事な部分であるものの、この症状を緩和するパーツは少なく、諦め忘れられてきたように思います。

私達ASSOでは、今までできなかったことを可能にする「ino la desgin キャンバーシムfor FIAT500/ABARTH500」を開発しました!
トーションビーム形状のハブ部分に、独自に開発した3D切削が可能にしたシムを装着。
「キャンバー+1.5度/トーイン+5分」の角度を付けれるようにした事により、コンパクトカーでは難しかったコーナリング時の安定感を手に入れます。
もちろん、チューニングだけではなく、リアのドレスアップアイテムとしても存在感を示す事は間違いなしです!
 
 

ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】

希望小売価格:¥27,280

販売価格:¥24,552(税込)割引率:10%OFF

セール期間:2020年09月12日~2020年09月30日

数量:

分割払が可能な、株式会社ジャックスのショッピングクレジットをご利用いただけます。
クレジット分割手数料・お支払シミュレーションは左のバナーをクリックし、株式会社ジャックスのページにてご確認ください。

ino la design キャンバーシム ABARTH500/595/695 【ご予約】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

申し訳ございません、本製品はただいま「ご予約」として承っております。
次回入荷に2~3カ月かかる場合がございます。
何卒ご了承くださいませ。

(2020年9月23日現在)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


FFコンパクトカーのセオリーともいうべき、リアのトーションビーム形状。
今までのチューニングは、車高調やダウンスプリングで車高を落とすくらい。
これでは、どの車でも必要とされるセッティングの「幅」が少なく、サーキット走行等でリアキャンバー不足から生じる巻き込みやスライド動作は、コンパクトカーのコーナリングを困難にしてきました。

コンパクトカー(トーションビーム)=コーナリングが苦手。
また、車高を落とせばトーはイン方向へと向いていき、「攻め」に転じることは難しかったのが現状です。
コーナリングで必要とされる「キャンバー」は全ての車で重要視されることですが、コンパクトカーではより大事な部分であるものの、この症状を緩和するパーツは少なく、諦め忘れられてきたように思います。

私達ASSOでは、今までできなかったことを可能にする「ino la desgin キャンバーシムfor FIAT500/ABARTH500」を開発しました!
トーションビーム形状のハブ部分に、独自に開発した3D切削が可能にしたシムを装着。
「キャンバー+1.5度/トーイン+5分」の角度を付けれるようにした事により、コンパクトカーでは難しかったコーナリング時の安定感を手に入れます。
もちろん、チューニングだけではなく、リアのドレスアップアイテムとしても存在感を示す事は間違いなしです!
 
 

RECENT CHECK ITEMS