ASSO Cyber Shop

  • CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ
  • CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ
  • CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ
  • CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ
  • CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ
  • CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ
  • CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ
  • CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ
CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ

CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ

  • CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ
  • CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ
  • CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ

8Cに乗ってまず感じるのが、動力性能に対してブレーキの効力が足らない事でしょう。
ストリートではさほど問題はないかもしれませんが、軽くワインディングを飛ばすだけでプアなタッチになり、踏みしめるブレーキを繰り返すとフェードの兆候が現れます。

アルファロメオオンリーブランドのアッソと、ブレーキのスペシャリストであるPFCがコラボして製作したスーパースポーツパット。
8Cの動力性能をガッチリ受け止めるブレーキパットが遂に完成しました。


「車に優しく、ドライバーが扱い易い」


そんなブレーキパットを目指して開発を行いました。


■スチールブレーキにカーボンブレーキの性能を
F1で使用されていることで有名なカーボンブレーキ。
F1初体験のドライバーはまずその強烈なストッピングパワーに驚きます。
カーボンブレーキはカーボン製のパッドとカーボン製のローターを使用した、現時点において最も優れたサーキット用ブレーキシステムです。しかし1台分で2万ドル以上というコストに加えて温度管理や酸化を防ぐための取り扱いの難しさから、スプリント用カーボンブレーキの使用が許されているのはF1・GP2・IRLなどごく一部のカテゴリーに限られています。

PFCはカーボンメタリックテクノロジーによってカーボンブレーキのストッピングパワーをスチール製のブレーキシステムで実現しました。ブレーキパッドのマテリアルに炭素繊維の粉末を使用することでローター表面にカーボンの皮膜を形成し、擬似的にカーボンパッド&カーボンローターの状態を作り出します。さらにカーボンブレーキが苦手とする低中温域ではメタル粉末によってカーボンブレーキをはるかに上回る効きをも得ています。F1においてもカーボンブレーキの温度管理技術が今ほど高くなかった過去には、低中温域のメリットに着目したウィリアムズが予選でPFCカーボンメタリックブレーキパッドを使用していました。

■Brembo社・AP Racing社、Alcon社が認めた唯一のパッド
「Brembo」「AP Racing」「Alcon」といえばモータースポーツシーンでは勿論のこと。市販車ではハイスペックスポーツカーにのみ装備されるブレーキシステムの世界的ブランドです。PFCはこれら各社に2001年まで20年近くもの長きに渡ってモータースポーツ用ブレーキパッドをOEM供給し続けてきました。この事実はひとえにPFCの高性能と信頼性を証明しています。
(現在はPFCがブレーキパッドメーカーからブレーキシステムメーカー、いわば「競合他社」になったことからOEM供給は行っておりません)


※磨材はスポーツ材と、ストリートを意識した低ダスト系の2タイプから選択可能です
※本商品はスーパースポーツローターとの組み合わせ装着をお勧めします

CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ

販売価格:55,000

数量:
SOLD OUT

分割払が可能な、株式会社ジャックスのショッピングクレジットをご利用いただけます。
クレジット分割手数料・お支払シミュレーションは左のバナーをクリックし、株式会社ジャックスのページにてご確認ください。

CompetizioneLine スーパースポーツパット リヤ


8Cに乗ってまず感じるのが、動力性能に対してブレーキの効力が足らない事でしょう。
ストリートではさほど問題はないかもしれませんが、軽くワインディングを飛ばすだけでプアなタッチになり、踏みしめるブレーキを繰り返すとフェードの兆候が現れます。

アルファロメオオンリーブランドのアッソと、ブレーキのスペシャリストであるPFCがコラボして製作したスーパースポーツパット。
8Cの動力性能をガッチリ受け止めるブレーキパットが遂に完成しました。


「車に優しく、ドライバーが扱い易い」


そんなブレーキパットを目指して開発を行いました。


■スチールブレーキにカーボンブレーキの性能を
F1で使用されていることで有名なカーボンブレーキ。
F1初体験のドライバーはまずその強烈なストッピングパワーに驚きます。
カーボンブレーキはカーボン製のパッドとカーボン製のローターを使用した、現時点において最も優れたサーキット用ブレーキシステムです。しかし1台分で2万ドル以上というコストに加えて温度管理や酸化を防ぐための取り扱いの難しさから、スプリント用カーボンブレーキの使用が許されているのはF1・GP2・IRLなどごく一部のカテゴリーに限られています。

PFCはカーボンメタリックテクノロジーによってカーボンブレーキのストッピングパワーをスチール製のブレーキシステムで実現しました。ブレーキパッドのマテリアルに炭素繊維の粉末を使用することでローター表面にカーボンの皮膜を形成し、擬似的にカーボンパッド&カーボンローターの状態を作り出します。さらにカーボンブレーキが苦手とする低中温域ではメタル粉末によってカーボンブレーキをはるかに上回る効きをも得ています。F1においてもカーボンブレーキの温度管理技術が今ほど高くなかった過去には、低中温域のメリットに着目したウィリアムズが予選でPFCカーボンメタリックブレーキパッドを使用していました。

■Brembo社・AP Racing社、Alcon社が認めた唯一のパッド
「Brembo」「AP Racing」「Alcon」といえばモータースポーツシーンでは勿論のこと。市販車ではハイスペックスポーツカーにのみ装備されるブレーキシステムの世界的ブランドです。PFCはこれら各社に2001年まで20年近くもの長きに渡ってモータースポーツ用ブレーキパッドをOEM供給し続けてきました。この事実はひとえにPFCの高性能と信頼性を証明しています。
(現在はPFCがブレーキパッドメーカーからブレーキシステムメーカー、いわば「競合他社」になったことからOEM供給は行っておりません)


※磨材はスポーツ材と、ストリートを意識した低ダスト系の2タイプから選択可能です
※本商品はスーパースポーツローターとの組み合わせ装着をお勧めします

RECENT CHECK ITEMS