ASSO Cyber Shop

  • CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント
  • CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント
  • CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント
  • CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント
  • CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント
  • CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント
  • CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント
  • CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント
CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント

CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント

  • CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント
  • CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント
  • CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント

スーパースポーツローターは、8Cという特別な車のブレーキ性能を様々な走行シーンで考え、どんな状況下でもそのポテンシャルを発揮する為に、PFCという世界でも屈指のブレーキメーカとコラボする事で、夢のようなブレーキローターを製作する事が実現しました。

■ブレーキパッドにとって理想のローター
ブレーキパッドメーカーが開発を進めていく中で必ず行き当たる問題。それはいかに優れたブレーキパッドでも優れたブレーキローターと合わせて使われなければ、その性能の全てを引き出すことは出来ないということです。PFCはこの問題を解決する為に自社でブレーキパッドのスペシャリストが考える、理想のローターを製作する道を選びました。

「パッドの能力を引き出すローター」 これがPFC 3Dレーシングローターのコンセプトです。

■歪みを抑制する為に
どのようなローターでもブレーキング時の熱膨張・収縮で歪みが発生することは避けられません。しかし、歪んだローターに合わされたブレーキパッドは必要な制動力やコントロール性を得ることは困難となります。それはフラットな路面を走る為の硬いサスペンションでダートを走るようなものです。つまりパッドの性能を引き出すにはローターの歪みを限りなく小さくする必要があるのです。

■高い精度&均一な構造
ローターはブレーキング時の熱膨張により355mmで2mm直径が変化します。この際に構造が均一ではないローターは部分毎に膨張量が異なることで歪みを生じます。膨張量を均等にする為にはローターの構造が均一であることが必要なのです。

PFC 3Dレーシングローターは優れた鋳造技術と3次元測定器を用いた高度な切削技術により最高レベルの均一度を実現しています。エアベーンの柱は全て同じ太さと形状を持ち、鋳造型の合わせ目はほとんど確認できません。また、ローター表面の平面度は0.7ミクロン以下というカムシャフト並みの精度です。この結果、通常は後加工で行うローターのバランス取りさえも不要となりました。

■均一な温度
熱膨張の量は温度に比例しますが、ローターに部分的な温度差があると膨張量の違いによって歪みが生じます。ローターを均一に膨張させるには全体が均一な温度である必要があるのです。

PFC 3Dレーシングローターは独自のDDSスリット・ディンプルスリットによって、発熱の要素の配置をコントロールすることで、均一な温度を実現しました。これにより、ブレーキパッドの偏磨耗が抑制され、ブレーキパッドの磨耗が進んでもフィーリングの悪化を防げます。

■熱膨張を妨害しないボビン
従来のローターとベルの締結方式では、ボビンをボルトで締め上げていることがローターの熱膨張を妨げ、歪みを誘発させていました。
そこでPFCはローターの熱膨張を妨げない画期的な結合方式DirectDriveを考案しました。ローターを「コ」の字型ボビンとベルハットで作られたトンネルの中に宙吊りで支持することで、熱膨張を妨げる要素を排除。これによりローターのドラッグ(引きずり)を軽減し、加速や最高速も向上します。

さらに従来の締結方式では加減速の衝撃によってベルハットのボビン取り付け穴が変形することは避けられませんでしたが、Direct Driveではアルミダイキャストのボビンが衝撃を受け止めることで、ベルハットの交換サイクルを大幅に向上させました。

また、ボビンにスプリングを組み込むことでローターの振れを抑え、フローティングローターでは避けられなかった低速走行時の異音(カチャカチャ音)も発生しません。

■クラックへの対策
ローター表面のヘアクラックの発生はどうしても避けることができません。しかし3Dレーシングブレーキローターはカーボンメタリックブレーキパッドと共通の成分を含むことで、ヘアクラックに対する対策を得ました。共通の成分が両者の橋渡しの役目となり、ブレーキ熱で溶けたブレーキパッドのカーボンがヘアクラックを埋めてしまうのです。これによってローターの耐久性は大きく高まりました。

PFC 3Dレーシングローターはこれまでとは異なるブレーキパッドのプロフェッショナルとしてのアプローチによって、優れたコントロール性・高い耐久性・パッド摩耗量の減少など多くのメリットを得て、多くのレーシングチームから支持されている究極のブレーキローターです。


※本商品は受注生産です

CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント

販売価格:363,000

数量:
SOLD OUT

分割払が可能な、株式会社ジャックスのショッピングクレジットをご利用いただけます。
クレジット分割手数料・お支払シミュレーションは左のバナーをクリックし、株式会社ジャックスのページにてご確認ください。

CompetizioneLine スーパースポーツローター フロント


スーパースポーツローターは、8Cという特別な車のブレーキ性能を様々な走行シーンで考え、どんな状況下でもそのポテンシャルを発揮する為に、PFCという世界でも屈指のブレーキメーカとコラボする事で、夢のようなブレーキローターを製作する事が実現しました。

■ブレーキパッドにとって理想のローター
ブレーキパッドメーカーが開発を進めていく中で必ず行き当たる問題。それはいかに優れたブレーキパッドでも優れたブレーキローターと合わせて使われなければ、その性能の全てを引き出すことは出来ないということです。PFCはこの問題を解決する為に自社でブレーキパッドのスペシャリストが考える、理想のローターを製作する道を選びました。

「パッドの能力を引き出すローター」 これがPFC 3Dレーシングローターのコンセプトです。

■歪みを抑制する為に
どのようなローターでもブレーキング時の熱膨張・収縮で歪みが発生することは避けられません。しかし、歪んだローターに合わされたブレーキパッドは必要な制動力やコントロール性を得ることは困難となります。それはフラットな路面を走る為の硬いサスペンションでダートを走るようなものです。つまりパッドの性能を引き出すにはローターの歪みを限りなく小さくする必要があるのです。

■高い精度&均一な構造
ローターはブレーキング時の熱膨張により355mmで2mm直径が変化します。この際に構造が均一ではないローターは部分毎に膨張量が異なることで歪みを生じます。膨張量を均等にする為にはローターの構造が均一であることが必要なのです。

PFC 3Dレーシングローターは優れた鋳造技術と3次元測定器を用いた高度な切削技術により最高レベルの均一度を実現しています。エアベーンの柱は全て同じ太さと形状を持ち、鋳造型の合わせ目はほとんど確認できません。また、ローター表面の平面度は0.7ミクロン以下というカムシャフト並みの精度です。この結果、通常は後加工で行うローターのバランス取りさえも不要となりました。

■均一な温度
熱膨張の量は温度に比例しますが、ローターに部分的な温度差があると膨張量の違いによって歪みが生じます。ローターを均一に膨張させるには全体が均一な温度である必要があるのです。

PFC 3Dレーシングローターは独自のDDSスリット・ディンプルスリットによって、発熱の要素の配置をコントロールすることで、均一な温度を実現しました。これにより、ブレーキパッドの偏磨耗が抑制され、ブレーキパッドの磨耗が進んでもフィーリングの悪化を防げます。

■熱膨張を妨害しないボビン
従来のローターとベルの締結方式では、ボビンをボルトで締め上げていることがローターの熱膨張を妨げ、歪みを誘発させていました。
そこでPFCはローターの熱膨張を妨げない画期的な結合方式DirectDriveを考案しました。ローターを「コ」の字型ボビンとベルハットで作られたトンネルの中に宙吊りで支持することで、熱膨張を妨げる要素を排除。これによりローターのドラッグ(引きずり)を軽減し、加速や最高速も向上します。

さらに従来の締結方式では加減速の衝撃によってベルハットのボビン取り付け穴が変形することは避けられませんでしたが、Direct Driveではアルミダイキャストのボビンが衝撃を受け止めることで、ベルハットの交換サイクルを大幅に向上させました。

また、ボビンにスプリングを組み込むことでローターの振れを抑え、フローティングローターでは避けられなかった低速走行時の異音(カチャカチャ音)も発生しません。

■クラックへの対策
ローター表面のヘアクラックの発生はどうしても避けることができません。しかし3Dレーシングブレーキローターはカーボンメタリックブレーキパッドと共通の成分を含むことで、ヘアクラックに対する対策を得ました。共通の成分が両者の橋渡しの役目となり、ブレーキ熱で溶けたブレーキパッドのカーボンがヘアクラックを埋めてしまうのです。これによってローターの耐久性は大きく高まりました。

PFC 3Dレーシングローターはこれまでとは異なるブレーキパッドのプロフェッショナルとしてのアプローチによって、優れたコントロール性・高い耐久性・パッド摩耗量の減少など多くのメリットを得て、多くのレーシングチームから支持されている究極のブレーキローターです。


※本商品は受注生産です

RECENT CHECK ITEMS